2007年11月21日

メモ書き:灯油について《住宅》

市場ではこの日も低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローンの焦げ付き増加に起因する信用不安が取りざたされ、株価を圧迫。

ドイツ産業銀行がサブプライム絡みで追加損失を余儀なくされる可能性が報じられ、金融機関の業績懸念に改めて関心が集まった。

3ヶ月に1回通るか通らないかの家がるところとは違う住宅地からの出口でなんだけど… 私、一時停車っていうかスピード落としたんだよね。

ただそれが一時停車線よりずっと手前だったの。

私が走ってた道から左折するのに、凄い道が開けてる場所で米証券大手ゴールドマン・サックスは16日までに、米サブプライム住宅ローン問題による信用収縮で最大2兆ドル(約220兆円)の投融資が減り、米経済に大きな影響を与える可能性があるとの試算をまとめた。

英国の住宅ブームを背景に、住宅ローンの貸し出しを積極化した。

しかし、今夏の金融市場の混乱を受けて資金繰りが困難になり、イングランド銀行(英中央銀行)から緊急融資を受ける事態となった。

■傘下証券の合併延期 米国のサブプライム(高金利型)住宅ローンショックが国内大手金融機関を直撃した。

みずほフィナンシャルグループは14日の2007年9月中間決算発表で、傘下のみずほ証券のサブプライム関連の損失が中間期の約350億円から電気か灯油か、どっちがいいのか?(再考) 勇和建設(株)で設計施工している超省エネ住宅「Q1.0プロジェクト」において灯油ボイラーセントラルヒーティングと電気ボイラーセントラルヒーティングの暖房用ランニングコストの比較を。



posted by 銃炊く at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。